推薦入試のきっぷを持って合格へのチャンスをつかむ

楽器

入試の種類について

武蔵野音楽大学では入試について二つの種類を設けています。一つは一般入学試験であり、高卒の資格やそれと同等の学歴を持っている人であれば誰もが受験することが可能です。通う学科で共通科目とコース別科目が設定されていて、志望する学科に応じた試験を受験して合格基準を満たすと入学することができます。もう一つの入試の方法として用意されているのが指定校推薦入試です。これは武蔵野音楽大学が指定している高等学校から指定された人数だけその高等学校の学校長が推薦することによって受けられます。一般入学試験よりも先に実施されるのが特徴であり、面接を中心として厳選された試験科目を設定して速やかな選抜を行っています。また、指定校推薦は合格率が高いのが魅力で、多くの受験生はこの資格を得るために一生懸命高校で勉強をしているのです。

音楽大学の入試と一般大学の入試の違い

音楽大学の入試は一般大学の入試とは試験科目に大きな違いがあります。一般入学試験では国語や英語といった基礎科目が設定されているのは一般大学と同じです。しかし、それ以外に音楽を専攻するのに必要な基礎学力を問うための試験が課せられています。演奏学科では楽典やソルフェージュに関する試験に加えて、実技科目として器楽や声楽などの専攻する科目に応じた実技力を求められるのが特徴です。作曲や音楽額などを専攻する場合であってもピアノかその他の楽器あるいは声楽の実技力が試験されます。推薦入試でも専攻に応じた実技試験が必須となっているのが基本です。基礎的な能力として求められているものが一般大学とは異なるため、音楽大学では実技を重視した試験が課せられています。

音楽大学で学べること

演奏に関する知識と技能

アクティブラーニングを取り入れて積極的に演奏について学べるのは音楽大学の特色です。専門とする場合にはマンツーマンでの指導も受けられるカリキュラムが多くなっています。専門理論も並行して学べるため、知識と技能を飛躍的に向上させることができるのが魅力です。

音楽に関する基本的な理論

音楽全般に関して基本的な理論を学ぶことができるのは音楽大学の特徴です。声楽などの専門的な科目だけでなく、音楽哲学から音楽に関わる科学についても基礎科目として定められています。音楽の歴史的な側面も学べるようになっているのが特徴です。

多様な外国語の習得が可能

音楽大学では語学教育も盛んに行われています。ドイツ語やイタリア語、フランス語などは、中世以降のヨーロッパで作り上げられてきた音楽を理解するために必要な語学だからです。基礎から会話レベルまでの習得ができるカリキュラムが作られています。

音楽教諭になるための教育

音楽大学ではカリキュラムの中で音楽教育に関わる科目だけでなく、教職の取得に必要な科目も選択することが可能です。音楽教諭として小中学校や高等学校などで働けるようになるための資格を得るための教育を受けることができる仕組みになっています。

推薦入試を受けるメリット

推薦入試を受けると一般入学試験よりも先に合格通知を受けることができるのがメリットです。特に指定校推薦の場合には基本的には大学側は受け入れる気持ちで試験を行う傾向が強く、最初でも紹介しましたが合格率が高いのが受験生にとって大きなメリットといえます。

おすすめ記事

ピアノ

武蔵野音楽大学が多くの学生に選ばれるワケ

日本有数の私立音楽大学として知られる武蔵野音楽大学は、その確固たる教育の実力で音大受験生からも高い人気を誇ります。今回はそんな武蔵野音楽大学の人気の秘密や音大に関する疑問にお答えしたいと思います。

READ MORE
広告募集中